アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
教師のLIFEHACK
ブログ紹介
横浜市で小学校教師をしています。日々の実践を、少しずつでも書くことで、自分を振り返ってみたいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
図工 よく見て描かせるネタ 教材開発ツ-ウェイno,6 88年9月号p36
 古い雑誌を今読み返している。理由は、最近の雑誌が面白くないからである。その場しのぎのようなネタが多いように感じる。明治図書のツーウェイにいたっては、新興宗教雑誌のようになってきたので購読をやめた。昔はもっと身近なネタで紙面が割かれていたように思えるのだが。残念。  今読んでいるのは、教材開発ツ-ウェイno,6 88年9月号である。  スケッチをさせる際に、空を子どもは描こうとする。しかし、濃淡をうまく表すことができない。いや、教わっていないから見てもそのとおりにはなかなか描けないのである。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/13 18:27
給食
一年生は、すべてがはじめての体験です。一番子どもたちが戸惑うのが給食です。まず、白衣に着替えることが、難しいです。手を洗いに行き、白衣の袋をとる。ここまで5分。次に、白衣を出し着てボタンをしめ、マスクをして、帽子をかぶります。もちろん前髪を入れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/11 01:54
体育『表現』@
 今勤務している学校で研究授業を行うことになった。 教科・領域は体育科で表現リズム遊びである。はじめての一年生は非常に活発で勢いのある子どもたちである。どのような授業になるのか楽しみです。  しかしながら、表現の授業で一番大変であり、やりがいがあるのは活動にうまく参加できない子にどのように関わり、充実感をもてるようにするかである。単元計画をしっかりと固め、授業をやっていきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 15:23
はじめてのあさがお
はじめてのあさがお  一年生とアサガオを育てている。本校は畑が校内にたくさんあるので今後ほかの作物も育てていくが、子供たちとはじめて植えた植物が大きくなっていくのは、非常にうれしい。  一年生は時間を十分にかけて観察を行って、植物に愛着をもってもらいたいと思う。今おたまじゃくしも校内の池にたくさんいるので子どもたちと自然を十分に実感したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 21:35
休みも終わり
今年度は1年生を担任しています。つねづね体育の授業をおこなっているとき、子どもの様々な感覚がなくなってきていると思っていたので、一年生から育てていけるチャンスをいただきました。 私が担任しているこどもたちは非常に元気なので、教えたり、場を与えたりするだけでどんどんできるようになっていっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 12:48
走ること
新しい学校に移動し落ち着きまで時間がかかりました。公務分掌は体育。 新しい学校は横浜を一望できるほどの景観の良さ。職員もみなやる気があり、とても過ごしやすい職場です。私はいつも人間関係に恵まれています。 今年度は異動したてで時間があるので、3つのことをやりたいと思っています。 &週に何回かはランニングをして、マラソンの大会に出る &中型バイクの免許をとる &引っ越しをする です。 がんばるぞ& ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 23:02
うれしいこと
 冬休みがあけると、子どもたちは(特に6年生は)、大人になってきます。  私は今年初めて6年生を受け持ったのですが、始まって2日でもう私が細かく指示する必要はないと思いました。  理想はもちろん高くもち、目標に向かって進むべきですが、教師側の一方的な価値観で進んでんで行くべきでありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 23:53
私の教育観
 私は、20代(昨年30歳を迎えました)に、様々な研究会に研究会に所属しました。 代表的なものに、Toss、授業作りネットワーク、文芸研、日作、筑波の研究会・・・など。土、日を利用して関東圏で行われるもはできるだけ参加しました。特に、22歳〜26歳にかけては、身銭をきって参加しました。書籍も(今もあまり変わりませんが)、教育関係の雑誌はほとんど買っていたように思えます。  しかし、あるとき自分が好きな(目指していた)先生は、授業がうまいだけの先生だったのかと疑問に思えました。  今私がつと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 23:27
仕事術5(机の整理:アンケート編)
 教員は、意外にアンケート・希望調査・反省が多いです。ついつい、 「これは後で。」 と思ったものが、どんどんたまっていきます。当たり前です。教員自身が行事が多いと思っているのですから、そのたびに反省の用紙が配られるからです。  私は、反省はその行事が終わったらすぐに書くようにしています。事前に配られていたら、できるだけ早くにに書くようにしています。  時が立てばたつほどやらなくなるからです。教員は比較的まじめな人が多いですが、やはり人間です。面倒くさいこと、特に影響がないものは、先送りし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 22:57
ソフトバレーボール
 新スポーツに取り組んでいます。私が小学生の頃はなかったのですが、ソフトバレーボールというものです。  普通のバレーボールとは違い、ビーチボールに近いものです。  私のクラスのシステムは、 @1チーム6人(前半3人、後半3人) A試合時間は、前半3分、後半3分 Bラリーポイント制 Cコートはバトミントンコートを使用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 19:37
研究会
横浜市の先生が以下のブログで官制の研究会に参加していないことをいっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 23:08
子どもたち
 休み明けの子どもたちは、冬休みを引きずっています。  もちろん授業で、切り替えていくのですが、いっきにやっては、子どもはパンクしてしてしまいます。     まず最初に聞くのは、冬休みに怪我や病気をしなかったどうかです。休み中は普段と違い、学校になかなか連絡しません。そのため、このことは思った以上に怪我や病気をしていたことを確認できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/07 23:46
明日から
明日からまた学校が始まります。もちろん仕事は始まっていたのですが、子どもがいないと始まった気がしません。 まずは冬休み病気や怪我がなかったか必ず聞きます。そのあとは、何をしていたか聞きます。たいていダラダラしていたというのですが、映画やディズニーランドやディズニーシー等観光地にいった話が出ます。しっかりと聞いてあげます。そのあとは読み聞かせと席替えです。 卒業までのカウトダウンが始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/06 19:26
仕事術4(机の整理:プリント編)
 教員お机の上に一番多くあるものは、プリント類である。子どもの物から宣伝物、委員会からの通達物、会議などの資料である。  私は、どこかに持ち歩く物以外は即座に捨てるようにしていました。しかし、関わる仕事が年をおうごとに増えてきたので、少しずつとっておく資料が増えてきました。  そこで、FujitsuのScansnapS300を導入しました。朝学校に着くと、名札を裏返し、判子を出勤簿に押し、机に行き、Let’s noteに電源を入れ、更衣室に向かいます。着替えた後、アレンジャーに入っている書類... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 12:16
仕事術3(机の整理:引き出し編)
 昨日も書きました机についてです。  教員の人たちは物持ちがよいです。たぶん、道徳を教えているためか物を捨てることに対して抵抗を感じるのだと勝手に解釈しています(笑)。反面、プリント、画用紙、模造紙をこれでもかと使うこともあります。このことには抵抗を感じない人が多いです(笑)。  机の引き出しの中を自分より若い教員に見せてもらうことがあります(ちなみに私はつい最近30歳になりました)。どこにでもある質素な事務机です。大1個、中1個、小2個の引き出しがあるものです。この引き出しの中と大に年に2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/04 19:35
仕事術2(机の整理:テスト採点編)
 教員の机は非常に汚いです。理由の一つと考えられるのが、プリント類だと考えられます。テストをすればおよそ30枚の記入済みの用紙が帰ってきます。しかし、その日のうちになかなか採点できないことがあります。それが、先送りされてたまっていきます。  このような状況を教員になって何回か見てきました。  そこで決めているのは、 「テストをしたらその日のうちに必ず採点する。」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/03 18:44
仕事術1(週案の書き方)
 教師の仕事術は、意外に知られていないし、先生同士も情報交換はあまりしないと思います。もちろん教材についてや授業論などは日常的に行われています。  私は、今年、この仕事術についても意識していきたいと思います(昨日たてた今年の目標+1)。  横浜市の教員は、毎週末、もしくは、月曜日の朝に管理職(横浜では校長・副校長)に週案というものを出します。一週間の授業予定です。学校によって様式は様々ですが、私の学校では1時間目〜6時間目までの科目と簡単な授業内容、行事、備考、今週の反省を書きます。  こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/02 20:50
あけまして
 今年は、ブログを定期的に更新していければと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 23:51
運動会の練習始まる
 今運動会の練習を行っています。組体操を行います。担当は私です。  サボテンの練習を行っていますが、なかなか持ち上げることが難しいペアがいます。なぜか?  一つ目は、人を支える運動機会が少なくなったことが考えられる。2つ目は、やり方である。  子どもたちは、何も言わないと、首で持ち上げようとする。無理である。  壁に向かい合わせ持ち上げることで体全体であげる(立つ)感覚がつかめる。もちろん、サボテンに移るときもである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/17 19:58
5年社会科
 夏休みのことです。後輩と電車で会いました。土曜の夕方に、学校の方に向かっているので、 「どうしたの」 と聞いたら、 「5年生で稲を育てているのですが、夏休みの間、うちのクラスと隣のクラスは学校に稲を残しているので、この暑さで怖いので、水をやりに・・・。」 なぜもって帰らせなかったのかと聞くと、 「稲の鉢は重たいのでこどもがもって帰らなかったのと、、もって帰らせることを忘れていました。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/16 09:24
体育
 体育科教育2007 9月号を買った。  『いま、体育科教師に求められる「教師力」とは』中島正教 p16 に以下の文章があった。最近の自分の目指す教師像に一番合っていると思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/16 09:22
水泳
本日も夏の水泳教室でした。ものすごくあつかったです。そのせいかこの2日間で、黒くなりました。  今日、ある子どもを中心にみました。顔を浸けることはできますが、この1年間プールに入っていなかった子です。  一緒にまず水につかることからやっていきました。これはできました。次に、歩きながら、手の練習。これがうまくできません。地上でやってから水中でやるのですが、水の抵抗からよけるようにかくのです。  しかし、3回ほどプール半分まで歩いていくことでできるようになりました。  次に、バタ足。これが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 11:58
ベテランの技
先週のことです。後輩と電車で会いました。土曜の夕方に、学校の方に向かっているので、 「どうしたの」 と聞いたら、 「5年生で稲を育てているのですが、夏休みの間、うちのクラスと隣のクラスは学校に稲を残しているので、この暑さで怖いので、水をやりに・・・。」 なぜもって帰らせなかったのかと聞くと、 「稲の鉢は重たいのでこどもがもって帰らなかったのと、、もって帰らせることを忘れていました。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 11:55
運動会について
本年度、6年生を担任している。子どもたちには、4月当初より自分の体を支えたり、友だちと助け合って体を動かす活動をやってきた。  そこで、運動会では、組体操に取り組むことにした。教員になって何回か音楽に合わせて行う組み体操を見てきたが、私は、笛または太鼓に合わせて行う組体操の方が、6年生の迫力がでると思っている。今日一日その案を練っていた。  参考文献として、「体育授業作り 全発問・全指示 14 組体操」 法則化体育授業研究会・根本正雄編 明治図書  をつかった。  音楽の良いところは、時... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/13 11:55
体育について
 体育科教育2007 9月号を買った。  『いま、体育科教師に求められる「教師力」とは』中島正教 p16 に以下の文章があった。最近の自分の目指す教師像に一番合っていると思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 11:53

月別リンク

教師のLIFEHACK/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる